fc2ブログ

これが欲しかった

完全に個人的な話です。
我が家では包丁にグローバルの包丁を使っています。
買ったばかりの時はあまりの切れ味に正直、俺の指が飛んだらどうしようと不安になったほどキレッキレでした。
これはいいもの買ったわぁ~と思ってたんですが、いつまでも新品同様の切れ味は保たれません。

GLOBAL ペティーナイフ 刃渡り13cm GS-3

新品価格
¥5,800から
(2015/6/25 11:00時点)




で、色々と調べて包丁は砥がなあかん。
最初はグローバルのシャープナーを使ってたんですが、これがどうにも切れ味が良くなってるのかイマイチ分からない。
使い方が悪いのか、シャープナーが悪いのかも分からない。
ただ、なんとなく一定の切れ味は保持してたので効いてたような気もするがいまいち実感無し。
そこで砥石を使うことにしたんです。
調べてみて選んだのがシャプトンの刃の黒幕。
包丁にも色々と素材があって、鉄だったり鋼だったりステンレスだったりと詳しいことは僕にはさっぱり。
ただ、グローバル砥ぐならシャプトンのセラミック砥石が良さそうということだけは分かったのでした。

シャプトン 刃の黒幕 ブルー 中砥 #1500




で、砥ぎました。
そしたら切れる切れる。
買ったばかりかってくらい切れる。
また俺の指が飛ぶ心配をしないといけないのかと不安になる。
すげー。
シャプトンすげー。
って感動してたんですが、どうにも最近砥いでも砥いでも切れ味が戻らない。
砥いだのに砥げてない。
なんでや!
シャプトンどうしたんや!
って、思って砥面を触るとツルツル。
砥面がツルッツルです、ツルッツル。
これじゃ砥げるわけないじゃんっとなりました。
なんだこれ、どうすんだ。
世の中には砥石の面直しとかいう工程が必要なことを知りました。
ああそうか、こいつにも面直しが必要なのか。
と思ったんですが、この面直しという工程は砥石を使っていく上で発生する砥石の凹凸を平らにする工程らしい。
平らだけどツルッツルな我が家のシャプトンには面直しするのは違うんじゃね?と思い留まりました。
また調べました。
すると分かったのは、グローバルみたいなステンレスの包丁を砥ぐと、砥いだ際に細かいカスが出て、それが砥面に詰まるらしいのです。
結果、砥面の削るための溝が埋まってツルツルな面になるそうです。
ここで面直しをしても砥面は復活するようですが、面直しって意外と難しそう。
面直しする道具も中々に高級。
そこで面直しじゃなくて砥面のツルツルを復活させるだけでいいので何か無いもんかと見てたところで出てきたのがこれ。

シャプトン 復活砥石

新品価格
¥1,523から
(2015/6/25 10:59時点)



もう、名前から分かるように復活砥石です。
シャプトンが出してるので、シャプトン製品に使う分には大丈夫だろうという安直な考えもありますが、大丈夫なようです。
水つけて砥石を上をぐ~るぐるしてあげると、あら不思議、ツルツルだった砥面が見事に復活。
そう、これ。
これが欲しかった。
見ての通り値段も御手頃。

どうもプロなら毎日包丁砥いで、砥石のメンテにも気を使ってということらしいけど、ご家庭では毎日も砥がないし砥石もそこまで変形するのが早いってわけでも無い模様。
いつかその内、面直しの工程もやる日が来るんだろうけど、今はこれで良し。
これで我が家の砥石もまだまだがんばれるはず!

と思ったらグローバルから新しいシャープナーが発売してやがる。
こっちで良かったんじゃね・・・

GLOBAL 専用シャープナー  GSS-02


コメントの投稿

非公開コメント

あの手のシャープナーは、刃先をギザギザに削って傷をつけて、ノコギリのように材料に食いつかせるものです。刃の鋭さで切る日本刀と、ギザギザで切るノコギリ、どちらが材料へのダメージが大きいか、は言うには野暮です。
また、シャープナーはその性質上、どんどん刃先が丸まってきます。いつかは刃先を作る為に、砥石による刃角の作り直しが必要になります。ですから、シャープナーに頼るより、最初から砥石に慣れるのが宜しいかと思う、そんな修行中の若造でした。



ネットゲーム全般・攻略ブログ

SEO
プロフィール

エンジンブルブル

Author:エンジンブルブル
何かを探しています。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブロとも一覧
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる